【取扱注意】ハイレバレッジは少額トレーダーの強い味方

スポンサーリンク
FX

【取扱注意】ハイレバレッジは少額トレーダーの強い味方

ハイレバレッジと言えばハイリスクハイリターンの危険なイメージを持たれますが確かに使い方次第では資金を一気に減らし、すぐに強制ロスカットされてしまう可能性があります。

例えるならばハイレバレッジは手榴弾です。

正しく使えばとても有効的な攻撃手段ですが、使い方を間違えると自爆してしまう可能性があります。

そして、ハイレバレッジが危険と言われるのはこの手榴弾の安全装置を解除した状態で投げることなくずっとホールドしてる人が多いからです。

つまり、使い方さえ理解していれば強い味方となります。

そもそも、FXのメリットはレバレッジを効かせて小さな証拠金で大きな取引ができるという所です。

そのメリットを使わないのであれば株式投資のほうがおすすめです。

FXでハイレバレッジを推奨しない人は為替が得意でちゃんとした証拠金を用意することができる人です。

そうでなければFXの勉強や検証をしたうえでハイレバレッジを使う事で駆け出しの少額初心者トレーダーでも資金効率を最大化して利益を出すことが可能となります。

スポンサーリンク

レバレッジとは

FXの最大のメリットであるレバレッジとは担保となる証拠金を何倍もの金額で外貨を取引することができるようにする仕組みです。

例えば10万円で取引する場合(分かり易くするために概算となります。)
レバレッジが25倍  → 250万円分の取引が可能となります。
レバレッジが500倍 → 5000万円分の取引が可能となります。

スゴイ大金を動かせるのはわかったけどイマイチよくわからない。

まずハイレバレッジの場合とても大きな金額が使えると言う事を覚えておいてください。

次に10万円の取引をするのに必要な金額で考えていきます。
レバレッジが25倍  → 40万円の証拠金が必要となります。
レバレッジが500倍 → 2万円の証拠金が必要となります。

ここで少ない証拠金で大きな取引ができることが分かります。

つまりレバレッジが大きければ大きいほど小さなお金で大きな取引ができると言う事を分かってください。

実行レバレッジとは

一般的にレバレッジ25倍、888倍と言うのはあくまで最大で何倍までの取引が可能かを表しています。

実質の運用レバレッジを表すのが実行レバレッジと言ってポジション評価額を証拠金額で割ることにより、現時点で何倍の取引をしているかわかるものになります。

例えばドル円が100円で10万円の取引をする場合
証拠金が40万円  → 実行レバレッジ25倍
証拠金が80万円  → 実行レバレッジ13倍
証拠金が100万円→ 実行レバレッジ10倍

証拠金が多いほど実行レバレッジが小さくなることが分かります。

スポンサーリンク

ハイレバレッジが危険と言われる理由

ハイレバレッジが危険と言うのは500倍、888倍の証券口座を使って取引をすることではなく、実行レバレッジが大きい取引をしている状態のことです。

小さな資金で大きなポジションを取れてしまうが故に少しの値動きで強制ロスカットになるので危険と言われているのです。

結局どうすれば良いの?

大切なのは証拠金をしっかり入れて取引をする。

これが一番望ましいですが、初心者にはそんなに大金を用意するのは難しいですし、最悪全額なくなるリスクを考慮すると証拠金を増やす事は危険です。

そこで活躍するのがロット調整です。

ロット調整でハイレバレッジを回避

ハイレバレッジの状態はとても危険です。

資金量があれば左から3番目の状態がベストです。

但しそうでないのであれば一番右側で取引するのが最善の方法です。

最大レバレッジが大きいほど資金量を大きく見せることができるのでそこを利用しロットを低くする

適正なサイズで取引することで最も効率的で安全に取引することができるのです。

最大レバレッジが大きいとたくさんロットが持てるので資金的に余裕があるように勘違いしてハイリスクハイリターンで取引する人が大勢いるので危険と言う認識が一般的に持たれてしまっているのです。

さらに海外の証券口座はゼロカットシステムが採用されているのでハイリスクハイリターンなギャンブルトレードをする人たちがいる為良いイメージが持たれていません。

ゼロカットシステムについてはこちらを見てください。

ゼロカットシステムも正しく使う事で急な相場の変動や窓開けで追証に合うリスクから解放されます。

スポンサーリンク

まとめ

資金量が少ないのであればFXのレバレッジはとても魅力的です。

そこで活躍するのが海外証券口座です。

特に最大レバレッジが500倍以上でゼロカットシステムを採用していれば問題なく取引することが可能です。

注意点として過去に出金拒否や日本語に対応していない会社は避けた方が良いです。

僕自身が使用しており出金確認もとれているお勧めの証券会社はXMです。

興味があればぜひ調べてみてください。

コメント