【悩み解決】面倒な確定申告にクラウド会計ソフトシェアNo1 freee

スポンサーリンク
投資

【悩み解決】面倒な確定申告にクラウド会計ソフトシェアNo1 freee

確定申告が必要なことだとわかっていても実際何をすれば良いかわからないことや不安に思うことが出てきます。

サラリーマンの場合は会社が納税を行なっているため確定申告の必要がないのであまり触れる機会がないかもしれませんがバイナリーオプションやFX、株、暗号通貨などを行なっている場合は確定申告が必要となってきます。

では、確定申告の目的、やり方等について紹介します。

スポンサーリンク

確定申告

確定申告とは、1年間の所得を計算、申告して納税することをいいます。

確定申告は主に個人事業主やフリーランス、経営者、投資などの収益がある方などです。

また、サラリーマンでも条件を満たすと確定申告をする必要がありますので注意してください。

確定申告が必要な人

  • 雑所得がある
  • 事業所得がある
  • 配当所得がある
  • 不動産所得がある
  • 退職所得がある
  • 譲渡所得がある
  • 山林所得がある
  • 一時所得がある
  • 雑所得がある

確定申告を放置してしまうと、本来納めるべき税金に「加算税」や「延滞税」が上乗せされてしまいます。

これに関しては知らなかったと言っても言い逃れできません。

自分のルーズさが、、、とか言っても無駄です。

必ず期限までに確定申告を行いましょう。

サラリーマンでも確定申告が必要な場合は、給与収入が2,000万円を超えている場合や2ヵ所以上の会社から給与を受け取っている場合また、配当所得や不動産所得などの副業所得が20万円を超える方は、確定申告が必要となります。

一方、病気や怪我で入院・治療し、医療費が10万円を超えている場合(一部例外あり)確定申告を行うと「医療費控除」の対象になります。

そのほかにも条件によっては確定申告が必要なケースもあります。

確定申告の期間や期限

確定申告の計算期間は1月1日から12月31日の1年間です。

確定申告書や決算書などの必要書類をそろえ、2月15日から3月15日の間に提出・納税をします。

確定申告のやり方

確定申告をするには、3つの方法があります。

  • 手書きで確定申告書類に記入
  • 国税庁の確定申告書作成コーナーを利用
  • 確定申告ソフトを利用

その中でもこの記事では最もオススメな「確定申告ソフトを利用」を紹介して行きます。

確定申告ソフト

確定申告ソフトには様々な種類がありますが、確定申告ソフトfreee
を利用することで、画面のステップに沿って情報を入力するだけでソフトが自動計算して確定申告書類を作成してくれます。

わからないことや不安なことがあった場合、サポートチャットのサービスも付いているので、わからなチャットやメールで質問することが可能です。

青色申請の作成例

5つのステップに沿って入力することで、簡単に確定申告を作成することができます。
  • 銀行口座やクレジットカードを同期することで自動入力。

面倒な1年分の経費の入力ですが、銀行口座やクレジットカードを事前に同期しておくことにより自動で入力してくれます。

  • 簿記の専門知識がなくても簡単に入力。

現金で払った場合でも、いつ・どこで・何に使ったか、家計簿感覚で入力するだけで自動的に複式簿記の形に変換してくれます。
簿記を覚えなくても迷わず入力することができます。

  • 質問に答えることにより税金を自動計算。


○×の質問に答えるだけなのでわかりやすいです。

保険やふるさと納税、住宅ローンなどを利用している場合は控除なども判定してくれます。

難しくめんどくさい税金の計算もfreeeなら、質問に答えることで自動計算してくれます。

確定申告のために難しい税金の勉強をする必要はありません。

確定申告書を税務署に提出

自動で作成された確定申告書を、税務署に郵送や電子申告などで提出し、納税をすれば完了です。

スポンサーリンク

最後に

投資家であれば損失を繰越控除することができます。

繰越控除とは、損失を翌年以降の3年間にわたり繰り越すことができる制度です。

つまり、損失を翌3年間利益と相殺することができるのです。

ただし、繰越控除は繰り越す年と翌3年間は毎年確定申告をしなければなりません。

その間取引をしなかった年も確定申告が必要になるので、忘れず申告しましょう。

確定申告ソフトfreeeぜひ無料でお試しできるので体験してみてください。

体験はこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

友だち追加

コメント