BITODDS 〜仮想通貨バイナリーオプション取引〜

スポンサーリンク
仮想通貨

関連最新記事

【先行者利益】BITODDS詐欺の一言で片付けて良いのか?
【先行者利益】BITODDS詐欺の一言で片付けて良いのか? 以前BITODDSは危険なのではないかという記事を書きましたが、ベルコインは詐欺?!の記事を書いてて思ったのですが、もしかしたらBITODDSにも優位性があるのではないかと。 仮想通貨でバイナリーオプション 仮想通貨自体が詐欺だと言われてるいる中で、そんなものを使ってバイナリー...

 

BOSSバイナリーオプションといえば、法定通貨であるフィアット(円やドル)で取引するのが一般的でしたが、仮想通貨で取引することができる取引所があるのはご存知でしょうか。

その名はBITODDS

スポンサーリンク

BITODDS

BOI LTDという会社が、セントビンセント・グレナディーン諸島で運営をしている企業ですが、詳細な住所までは分かっていません。

仮想通貨のバイナリーオプションということで、ビットコイン、イーサリアム、リップルの 3種類類を入金して取引することができます。

取引時間は1分後または5分後があり、さらにペイアウトは、オッズ式を採用しており1分間で資産が最大10倍になるチャンスもあります。

2019年6月30日までに入金すると200リップルがプレゼントされるそうです。

スポンサーリンク

BITODDSは危険?

おそらくBITODDSは始まったばかりのサービスのため、多少の不具合が起こることも予想でき現状一概に危険、詐欺と言ったととは断言できません。

しかし、企業としての情報が少ないのは事実です。

例えば、運営者や住所が不透明だったりということから少し危険を感じるので僕自身は現段階では口座開設は見送ろうと思います。

さらに、下記記事にあるように、リップルのプレゼントも入金方法や出金に規制があるので注意してください。

【詐欺!? 要注意】BITODDS(ビットオッズ)仮想通貨バイナリーオプション。

ちなみにアフィリエイトをやりたい方は口座開設を行うとアフィリエイトリンクが作成できるようなので興味がある方は作成して見てください。

BOSSCの未来

個人的な意見ですが、仮想通貨で取引する際以前記事でも説明したように、仮想通貨自体の価値が下がってしまうとせっかくの利益が少なく可能性もあります。

【今がチャンス】BOSSCについて
【今がチャンス】BOSSCについて 以前の記事でBOSSCという通貨がBellWood取引所に上場していたのですが、その内容が公表された為詳細いを説明します。 追記:BOSSCは1BOSSC=1USDとなります。この価格で固定されているので価格変動が少ないです。 BOSSC BOSSCとは、Blockchain Online Servic...

そこでBOSSCのようなステーブルコインを使用することでこのリスクが回避することができるのです。

現段階ではBOSSCでバイナリーオプションができると言った発表はありませんが、これが実現した際は、とても期待できるサービスになるといえます。

【特徴】ベルコイン(BLL)とは?7月16日最新ロードマップ公開!
【特徴】ベルコイン(BLL)とは?7月16日最新ロードマップ公開! 仮想通貨と言えばビットコインが有名ですが、なぜベルコインか。 ベルコインに投資するメリットをこちらの記事にまとめました。 ベルコインにはまだ表に出ていない価値を秘めているので、投資目的で保有を考えているのであればぜひオススメできます。 まずは、ベルコインの概要につ...

まとめ

BITODDSという企業が詐欺や危険といったことを現状で断言することはできませんが、少し危ないといった印象を受けるのは必然です。

また、仮想通貨という価格変動の大きなもので取引をすることに抵抗がある方はすぐに始めるのではなく様子を見ても良いです。

万が一プレゼント欲しさに入金して詐欺だった場合、本末転倒の結果となるため慎重に判断しましょう。

最後に、もしBOSSCでバイナリーオプションができるようになった場合は参戦したいと思います。

 

 

コメント