【FX】必勝法のナンピン⁉実は上手な人は使わない

スポンサーリンク
FX

【FX】必勝法のナンピン⁉実は上手な人は使わない

ナンピンとは負けているときに取得平均価格を調整することで損失のリスクを極限まで小さくできる取引スタイルです。

ナンピンの詳細についてはこちらの記事をがご覧ください。

しかし、ナンピンを否定する人たちがいるのも事実です。

特にチャートを研究している上手なトレーダーほどナンピンの使用に対して否定的なのです。

となると実際のところナンピンは使わないほうが良いのでしょうか?

結論から言うと初心者はナンピンを使いチャートを研究して取引スタイル、手法が確立したのであれば徐々にナンピンを使わない(使う必要がない)ようにしていくと言うのがベストです。

つまりナンピンは相場における自転車の補助輪と同じです。

スポンサーリンク

なぜ初心者はナンピンを使うべきか

初心者がナンピンすると何が良いか?

それは資金を大きな危険にさらすことが無くなりドローダウンのリスクを減らすことができるからです。

ではナンピンするとなぜリスク回避できるのか。

初心者がドローダウンする最大の要因は最大レバレッジでハイリスクハイリターンの取引をするからです。

一方ナンピンをするためには複数回エントリーをすることを前提にトレードスタイルを確立するので、ロットサイズを必然的に下げる必要があります。

例えば、10万円口座にあった場合

多くの初心者トレーダーは初めのころ0.1Lot(1Lot=10000円)で取引し数回勝ったところで全く儲からないことに気づき0.5Lotにサイズを上げてまた数回勝つと自分には才能があると思い1Lotで取引し始め、その結果コツコツ稼いでドカーンとドローダウンしてFXって怖い、難しいと言って相場の世界から消えていきます。

なぜ最初のころに勝てていたのにロットサイズを上げると負けるのか?

たまたまビギナーズラックだったのか?

誰か自分のことを見ているのではないか?

答えはとてもシンプルです。

ロットサイズを上げたことによりレバレッジが上がったためです。

本当のレバレッジの意味を理解していない場合はこちらを参考にしてください。

研究している上手なトレーダーはリスクリワードを考慮したうえで適切なポジションサイズで取引し、シナリオ通りにいかないと損切をします。

これができるに越したことはありませんが、自称初心者には絶対にできません。

とはいえFXを諦めると言うのはもったいないです。

そこで活躍するのがナンピン、”逃げるは恥だか役に立つ”!

チャート解説

こちらの画像で一発で取る場合最初のショート(売り)ポジションまで上がらないと利益を得ることができない一方でナンピン想定の場合上がりきらなくても利益を得ることができます。

これが正しいかと言うと正直下手クソなトレードです。

しかし、下手でも負けていません、これが最も重要なのです。

もちろん4ポジ分を1回でまとめて打てば利益が大きいですが同時に損出も大きくなってしまいます。

負けたくない人ほどロットサイズを下げて取得平均価格を調整できる余力を持ちましょう。

取得平均価格損益が±0になるゼロラインとは

ナンピンのメリットが分からないと言う方の為に分かり易い例として損失がかさみヤケになり1Lotの含み損に対して3Lot新規ポジションを建てわずかな相場変動で合計4ポジションで考えた時、含み益となり損切を回避して利確ができた。これはトレードルール無視の初心者が良くやる行為です。

本来でもし相場がポジションに対した逆行したら大惨事となるのでナンピンはやめましょう。と言われますが、おそらくわかっていてもやってしまいます。だって人間だもの。

であれば、ナンピンをしないと言う選択肢を捨ててあえてナンピンありきのトレードスタイルにしてしまおうと言うのがこの記事の内容です。

下図はゼロラインを分かり易く表したものです。

青丸がショートポジション数、青線が取得価格、赤いラインがゼロラインとなっています。

一発取りのように点でポジションをとるよりもナンピンをしてゾーンでシナリオを建てる方が初心者には簡単です。

うまい人であれば点で狙えそこに大きな資金をベットすることで大きな利益を得ることができますが、あなたにそれが出来ますか?

(その点バイナリーで勝てる人はめちゃくちゃ有利)

利益は少なくなりますが今あなたに必要なのは利益ではなく相場で生き残る知恵です。

このトレードスタイルさえ守ればまず相場から退場させられるリスクが格段に下がります。

その状態で手法の検証をしていけば必ずトレード技術が向上します。

是非この考え方を習得してください。

まとめ

ナンピンをするトレーダーは下手です。

でも下手でも考え方次第では利益を出すことができます。

ナンピンにおいて重要なのはどこでどれだけのポジションを何回BETするかをエントリー前に決めることです。

これは検証で調べていく必要がありますが、手法を確立する検証とは比べ物にならないくらい簡単にできます。

ナンピンを使えば絶対に勝てると言う認識はもちろん間違っています。

ナンピンをする以上負け=大損となる場合が多いです。

そうならない資金管理をと言いたいところですがおそらくそんな証拠金を持っているとは思えません。

FXの良いところはレバレッジによって小さいお金で大きな取引ができることです。

と言う事は最大レバレッジが大きいほうが有利です。

参考までに僕のお勧めの証券会社を載せておきます。

あくまで初心者におすすめの口座です。

レバレッジなんて必要ない、どんなに相場が急変しても追証にならない証拠金を用意できる人であれば国内口座のほうが良いでしょう。

しかし、100万円以下の証拠金であれば海外口座で取引して利益が出たら徐々に国内口座に移行することをお勧めします。

最後にこのナンピンを極めると何も考えなくても勝てるため上手になったと勘違いしがちですが相場分析などにおけるトレーダーレベルとしては底辺だと言う事を忘れずに相場観や手法、チャートパターンの勉強をしましょう。

ご不明な点があればこちらまで。

友だち追加

コメント