【考察】エアドロップに伴ったベルコインの動き

スポンサーリンク
仮想通貨
3D_Maennchen / Pixabay

【考察】エアドロップに伴ったベルコインの動き

2019年8月10日よりベルコインプラスのエアードロップが開始されます。

ベルコインプラスのエアードロップを受けるにあたり、気をつけることやベルコインの値動きに関して記事にまとめていきます。

スポンサーリンク

エアードロップの注意点

まずベルコインプラスのエアードロップを受けるにあたり注意しなければならない事があります。

ベルウッドに新しい情報が出ています。

Bellwood Exchenge」ウォレットで保持されている「Available」ステータスのベルコインの数がエアドロップの対象となります。注文中など、「Frozen」状態の通貨は対象外です。他のエアドロップスケジュールを段階的にリリースします。

では実際どのような状態になっていれば良いかというと、Bell WoodのWalletで赤枠内に表示されている枚数が対象という事です。

もしFrozenのところに入ってしまっている場合は対象となる指値等をキャンセルしておく必要があります。

エアードロップがもらえなかったという事がないように確認しておきましょう。

ベルコインについて

画像を見てわかる通り、一時は0.00000800BTCまで下落しましたが、この価格変動はおそらく多くのベルコインを持っている人がエアドロップで上がると予想し売り、価格を下げ買い増しをている為、価格が戻ってきているように思えます。

これだけ下がると、ベルコインがやばいのではないかと不安になる人も出てくるとは思いますが、ベルコインはまだ何も始まっていません。

ロードマップに書いてある事が実現しても価格が下落した場合は、不安になるのもわかりますが長期的な目線で保有することをお勧めします。

価格操作は可能なのか?

本来相場の価格操作をすることは難しいです。

例えばFXの市場であれば約500兆円もの金額が動いているので、個人投資家が売買しても大きな影響を与えることはありません。

ただし中央銀行等が介入すれば、動かすことはできます。

一方、仮想通貨で特に草コイン等の取引量の少ない通貨であれば1000万円や2000万円といった個人の力で価格を動かす事ができる場合があります。

実際、仮想通貨がメジャーになる前に、草コインで価格を操作してお金を稼いでいた人もいるという事実があるとの情報もあります。

その為、今回のようにまだ流通量の少ないベルコインであれば、価格を動かすことは不可能ではない事がわかります。

一時的に稼ぐのであれば流通量の少ない通貨を大量に買う事で価格を上げ利益が出た段階で売り利確をする方法が一般的ですが、ベルコインの場合下落して戻ってくるという現象が起きています。

ここからわかる事は長期的な目線が上昇という事です。

スポンサーリンク

まとめ

  • ベルコインプラスのエアードロップをもらうためにはBell WoodのWalletのステータスがAvailableになっているか確認する。
  • ベルコインの価格が下落しましたが、ベルコインの需要が減っているとは言い難いという事です。

まだまだ期待できると個人的には考えているので、僕はガチホでいきたいと思います。

 

コメント